ISO55001

2017/07/23

本文

 道路、鉄道、上下水道、発電所、プラント、公共施設などのインフラを対象とした資産管理の運用手法(アセットマネジメントシステム)。2014年に国際標準化機構が規格を発効した。自治体や建設コンサルタント会社の事業部門が、特定の分野について認証を取得している。
 

 ISO55001の下では、アセットマネジメントの方針や計画の策定、実施、パフォーマンス評価、改善といった流れに沿って資産を運用する。継続的な改善によって効率よく資産を管理し、最小のライフサイクルコストで利用者が満足するサービス水準を維持することを目指す。

PAGE TOP

Close