シュタットベルケ

2017/06/08

本文
 ドイツで電力やガス、水道、交通、廃棄物処理などのインフラ事業を運営する、自治体主導の会社。ドイツ国内に約1400社ある。地域に根ざして、雇用や投資をもたらすなど重要な役割を果たす。

 日本でも「日本版シュタットベルケ」として、鳥取県米子市や鳥取市、山形県などで地域電力会社が立ち上がっている。浜松市でも、官民でインフラを運営する「浜松版シュタットベルケ」の実験的な取り組みが進行中。

PAGE TOP

Close