logo_tf_s.png

セパレートアカウント

2017/06/08

本文
 非上場インフラファンドのように投資家から集めた資金を合同で運用するのではなく、特定の大口投資家の資金を単独で運用する方法。セパレートアカウントの投資家は、基本的には、非上場インフラファンドの投資家と同じく、ファンドの業務執行権限を持たないが、独自の要望を運用会社と交渉でき、運用内容にも一定の影響力を行使できる。

PAGE TOP

Close