logo_tf_s.png

プライベート・デット

2017/06/08

本文
 ファンドや年金基金など、銀行以外の主体による、企業のデット(負債)に対する投資。狭義では一般企業が借り手だが、広義ではインフラ、不動産、森林開発などの事業者も借り手となる。

 プライベート・デットによる資金調達は、銀行借入や社債発行と比べ、一般的に借り手の信用力が低い、流通市場がなく流動性が乏しい、といった特徴がある。

PAGE TOP

Close