プロジェクトファイナンス

2017/06/08

本文
 特定の事業のキャッシュフローを返済の原資とし、担保もその事業の資産に限定する融資手法。略して「プロファイ」と呼ばれることもある。融資は、スポンサー企業に対しての遡及が限定的なノンリコースローンになっており、融資に際して事業採算性や事業リスクが問われる。

 これに対してコーポレートファイナンスは、企業全体の事業収益を返済原資とし、企業の信用力や資産が担保となる。よって審査では企業の財務状況や将来の業績見通しが問われる。

PAGE TOP

Close