logo_tf_s.png
水道コンセッション導入意向、「現時点では考えていない」が多数

改正水道法が2018年12月の国会で可決、成立してからおよそ1カ月半。水道事業へのコンセッション方式導入について意向を問われた自治体の首長の多くが、「現時点では導入を考えていない」と発言していることがわかった。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close