logo_tf_s.png
豪雨で被災した太陽光発電所、そのとき運営会社は

再生可能エネルギーを用いた発電施設は、常に自然のリスクにさらされている。今夏の西日本豪雨では、経済産業省の調べで12カ所の太陽光発電所が被災し、運転を停止した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close