logo_tf_s.png
福島隆則の「トレンド10」スマートシティはインフラビジネスの集大成

1カ月の出来事からインフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則 PPP・インフラ投資調査部長が解説する。

■10月のトレンド10
①スマートシティはインフラビジネスの集大成
②ASEANスマートシティの具体的案件も続々
③街が民間ビジネスの舞台になる
④ディズニーランドはスマートシティ
⑤つくば市のスマートシティ「倫理原則」は先導的
⑥エアロトロポリスは空港を核としたスマートシティ
⑦インフラの課題を突きつけた台風19号
⑧テスラの黒船で蓄電池は普及するか
⑨上下水道も公共頼みは限界
⑩強靱化の鍵は地産地消、再び脚光浴びる地域新電力

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close