logo_tf_s.png
福島隆則の「トレンド10」アベイラビリティ・ペイメント導入へ

1カ月の出来事から、インフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則・主席研究員が解説する。

■6月の「トレンド10」
①アベイラビリティ・ペイメント導入へ
②愛知県と新国立、二つのアリーナコンセッションの行方
③ジャパネットが推進するまちづくり
④英国水道の不祥事、アセットマネジャーの責任は
⑤日本では三セク水道運営に勢い
⑥生ゴミ資源化施設、公園観光施設でもコンセッション
⑦中央卸売市場、バスターミナルはPFI期待の新分野
⑧FIT終了報道で市場混乱も真実は?
⑨海外の再エネ事業で日本企業が活躍
⑩ファンドレイズは活発も、価格高騰が懸念材料

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close