logo_tf_s.png
福島隆則の「トレンド10」スマートシティの道もLEDから
1カ月の出来事から、インフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則・主席研究員が解説する。

■11月の「トレンド10」
①スマートシティの道もLEDから
②スペインを想起させたFIT紛糾はこれで収まるか
③CO2過去最高に対抗する環境ビジネス
④活況に沸くデータセンター、ついに水中へ
⑤英国蓄電池ビジネスに暗雲
⑥立ち上がる次世代インフラ維持管理ビジネス
⑦水道広域化に国も本腰
⑧「伐採+バイオマス」で一石二鳥狙う
⑨中国脅威も、学ぶべきはタフネスか
⑩政治リスクはインフラ投資に影を落とす

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close