logo_tf_s.png
福島隆則の「トレンド10」 収益性と社会性の狭間で揺れる民間インフラ事業者

1カ月の出来事から、インフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則・主席研究員が解説する。

■2月の「トレンド10」
①収益性と社会性の狭間で揺れる民間インフラ事業者
②「改革プラン」に映る東京都の危機感と民間の好機
③水力発電施設と下水道官渠のコンセッション
④日の丸連合がベトナムでスマートタウン開発
⑤脱FITを迫られる日本の再エネ事業
⑥浸透するPark-PFI、久屋大通公園整備に三井不動産
⑦民間のノウハウでよみがえる競輪場
⑧年金基金のインフラ投資ニーズは続く
⑨パシフィコ・エナジーが155億円のファンド組成
⑩J-REITと上場インフラファンドの一体化

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close