logo_tf_s.png
福島隆則の「トレンド10」 ガイドライン改正でコンセッションは第2段階へ

1カ月の出来事から、インフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則・主席研究員が解説する。

■3月の「トレンド10」
①ガイドライン改正でコンセッションは第2段階へ
②ゼネコンの指名停止はコンセッションにも影響するか
③学校跡地は金の卵
④体育館をアリーナに、グラウンドをスタジアムに
⑤日本ハム新球場にみるコンテンツオーナーの躍動
⑥ようやく主力電源の称号を得た再生可能エネルギー
⑦蓄電池や水素ステーションの整備にも投資の活用を
⑧次世代エネルギーに景観問題が影を落とす
⑨再エネのビッグビジネスは日本より海外で?
⑩郵便局をシュタットベルケの拠点にできないか

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close