logo_tf_s.png
PPP/PFI
  • スタジアム・アリーナ PPP/PFI
  • 日立キャピタルが滋賀県の体育館整備PFI事業者に、97億円で落札(2019/10/18)

  • 日立キャピタルを代表企業とするコンソーシアムが設立したSPC(特別目的会社)は、滋賀県がPFIのBTO方式(Build Transfer Operate。民間事業者が施設を建設して、施設完成直後に公共施設の管理者などに所有権を移し、民間事業者が維持・管理、運営する方式)で行う「新県立体育館整備事業」について、10月11日付で県と事業契約を結んだ。コンソーシアムは、この事業を約97億円で6月26日に落札していた。

  • 公園 PPP/PFI
  • 城北公園にPFI/事業者選定開始は20年/静岡市(2019/10/18)

  • 静岡市は、城北公園を対象にPark-PFI(公募設置管理制度)の導入を検討する。都市局都市計画部緑地政策課によると、「31日のプラットフォームの会合で民間の意向を把握し、早ければ2020年に事業者募集を始める」という。

  • 公園 PPP/PFI
  • 動物公園の資産価値高め民間投資呼び込む、盛岡市が公民連携で再生(2019/10/16)

  • 民間主導の公民連携による動物公園の再生が盛岡市で始まる。市が所有する盛岡市動物公園は、第三セクターの「もりおかパークマネジメント」が運営する予定。同社は、市の全額出資で7月に設立された後、10月4日に増資して、市が49%、銀行など11社が51%出資する体制になった。国内の動物園・動物公園は公設公営か民設民営なので、公設の動物公園を民間主導で運営する盛岡市の取り組みは珍しい。

  • スタジアム・アリーナ PPP/PFI
  • 債務負担に126億設定/草津市立プールPFI(2019/10/16)

  • 滋賀県草津市は、PFI手法を導入する草津市立プール整備・運営事業について、10月補正予算に事業費として2037年度までの債務負担行為限度額126億1780万円を設定した。11月中旬に特定事業に選定し、総合評価一般競争入札を公告する。20年3-4月に落札者を決め、6月下旬に契約する予定だ。

PAGE TOP

Close