logo_tf_s.png
下水道
  • 下水道 PPP/PFI
  • 下水管長寿命化にPFI/入札公告は12月中旬/富田林市(2018/11/15)

  • 大阪府富田林市は、下水道管渠長寿命化事業の実施方針を公表した。市内の2つの処理分区を対象に汚水管渠本管と取り付け管の老朽化対策、排水設備の浸入水対策などをBT(建設・譲渡)方式のPFIで委託する。総合評価一般競争を12月中旬に公告する。2019年2月中旬以降事業者を決める。

  • 下水道
  • 下水道を”民間”が一括管理、柏市が積水化学JVに改築工事を発注(2018/10/23)

  • 柏市は、大規模な管更生を軸とした下水道管路施設の「包括的民間委託事業」を開始した。市内の下水道が老朽化し、道路陥没の増加が懸念される状況にあって、限られた財源と職員でインフラの「予防保全型維持管理」を行うためには、官民連携手法の一つである包括委託が有効だと判断。公募型プロポーザル方式で選定した塩ビ管大手の積水化学工業を代表企業とする共同企業体に、本管改築工事や、ストックマネジメント実施計画、管路点検調査を、複数年度契約で一括発注した。

  • 下水道 太陽光
  • 10月15日から参加受付/下水浄化センター太陽光発電事業者/伊予市(2018/10/09)

  • 愛媛県伊予市は、「伊予市下水浄化センター太陽光発電事業実施事業者」の募集要領(公募型プロポーザル方式)を公表した。参加表明書や企画提案書は15日から23日まで、持参または郵送により産業建設部都市住宅課下水道担当で受け付ける。30日のヒアリング(プレゼンテーション)などを経て、11月6日までに事業候補者を特定する。

  • 下水道 PPP/PFI
  • 下水管長寿命化にPFI/富田林市 2018年内めど入札公告(2018/10/05)

  • 大阪府富田林市は、下水道管渠長寿命化事業にPFI方式を導入する。11月中旬にも実施方針を公表、12月中旬にはPFI法に基づく特定事業に選定し募集要項も公表する。総合評価一般競争で2019年2月下旬めどに事業者を決定する。事業を担当する同市上下水道部によると、下水管渠の長寿命化にPFIを導入するのは全国的にも珍しいという。

PAGE TOP

Close