logo_tf_s.png
公的不動産
  • 公的不動産 PPP/PFI
  • 19年度以降に事業者選定/ターミナルは民活検討/関東整備局の品川駅西口駅前広場(2018/10/31)

  • 関東地方整備局東京国道事務所は29日、東京都港区に計画している「国道15号・品川駅西口駅前広場」の整備に向けた検討会の初会合を開いた。国道の上空を活用して広場や次世代型交通ターミナル、商業施設などを配置する方針で、2018年度内に具体的な事業計画をまとめる予定だ。商業施設やにぎわい機能などを整備・運営する民間事業者は、19年度以降に選定手続きを進める見通し。一方、ターミナル部分にはPPP・PFIの導入も視野に入れている。

  • 公的不動産 PPP/PFI
  • 延べ1.3万m2を想定/19年度にPFI事業者/貝塚市新庁舎(2018/10/18)

  • 大阪府貝塚市は、新庁舎整備事業の基本計画素案を公表した。想定規模は6階建て延べ1万2700m2。BTO(建設・譲渡・運営)方式のPFI手法を導入する。2019年度に実施方針を公表し、事業者を選定。20年度初頭から設計に着手する。同後半には着工し、22年度の供用開始を目指す。概算事業費は88億5182万6000円。

PAGE TOP

Close