logo_tf_s.png
スプリング社の洋上風力ファンド(1)年度内に取得完了

住友商事、三井住友銀行、日本政策投資銀行の3社は2019年2月、共同出資のファンド運営会社「スプリング・インフラストラクチャー・キャピタル」を通じて、英国の洋上風力発電事業を投資対象とする総額300億円規模のファンドを組成。国内の投資家から資金を集めた。ファンド運営会社の指揮を執るのは、欧州で8件の洋上風力発電事業の経験を持つ坂井洋一社長だ。ファンド設立の経緯や今後について聞いた。(全3回)

(1)年度内に取得完了
(2)運営後の出口は見えるか
(3)第2号も欧州が有望

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close