logo_tf_s.png
稼ぐための工夫(10)岩手中部の水道広域化、「有収率」が大幅に改善

岩手県の北上市、花巻市および紫波町の水道局と、これら3市町に用水供給していた岩手中部広域水道企業団が統合。3市町の約8万4000世帯に水道水を供給する岩手中部水道企業団が2014年に事業を開始した。統合でスタッフ部門が効率化した分、技術職員は増えた。さらに技術資源の集約・専門分化と職員のプロパー化によって技術レベルは向上。水道ネットワークの性能を示す「有収率」が上昇した。とりわけ花巻市がV字で改善した。大和エナジー・インフラ投資事業第三部副部長の鈴木文彦氏がリポートする。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close