logo_tf_s.png
稼ぐための工夫(7)三鷹の森ジブリ美術館、17年経過後も盛況

2001年10月、井の頭恩賜公園の一角に開館した三鷹市立アニメーション美術館、通称三鷹の森ジブリ美術館は、開館以来17年経過した現在も盛況を保っている。国際的に有名なスタジオジブリのコンテンツ力によるところが大きいが、背後にある、当のコンテンツ力を最大限引き出す官民連携の仕組みにも目を見張る。大和エナジー・インフラ投資事業第三部副部長の鈴木文彦氏がリポートする。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close