logo_tf_s.png
稼ぐための工夫(3)大阪城公園、天守閣の入場者数が5年で8割増

2017年度の大阪城天守閣の入場者数は275万人と、5年前に比べ8割増えた。インバウンドの追い風もさることながら、発信力と集客力に強みをもつ民間事業体が大阪城公園と園内施設の運営を一手に引き受ける「パークマネジメント」の取り組みが奏功した。集客目標を掲げた意欲的な事業計画の下、様々な魅力向上策が実行に移された。その結果、売店がコンビニエンスストアに転換したり、園内にカフェやレストランができたりと、大きな変貌を遂げている。民間事業体も2期連続で増収増益である。大和エナジー・インフラ ソリューション部副部長の鈴木文彦氏がリポートする。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close