logo_tf_s.png
新興国のPPP/コンセッション事情(2)資金調達リスクを低減する制度や仕組み

新興国におけるPPP/コンセッション事情を、三井物産戦略研究所の栗原誉志夫氏が解説する連載の第2回は、「資金調達」がテーマ。インドで制度化されている「VGF(Viability Gap Funding)」やインフラ事業への融資に特化した「インドインフラ金融公社」を紹介する。(編集部)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close