logo_tf_s.png
「これからのPPP/PFI」(5)中小地方公共団体も積極的に活用を

中小地方公共団体がPPP/PFIを活用するには、事業方式の検討の前に、地理的に近い団体が連携して広域の総合管理計画を策定することが必要だ。PPP/PFI研究の第一人者である宮本和明氏(パシフィックコンサルタンツ技術顧問、東北大学名誉教授、東京都市大学名誉教授)が考察する。(編集部)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close