logo_tf_s.png
海外企業研究(6)フィリピン基地転換開発公社 (BCDA)、沖縄の未来に与える示唆

9月30日に、沖縄県知事選挙が予定されている。これまでの沖縄県内における選挙と同様、他の政策課題とともに米軍基地の問題は大きな論点の一つだ。ドイツ、韓国、イタリア、クウェートなど、 世界で米軍が駐留する国は多く、いずれも基地や演習場として広大な土地が米軍に 提供されている。ではもし、国際情勢の変化によって、広大な基地が移転、または返還された場合、どのようにインフラ開発が行われるべきか。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close