logo_tf_s.png
国管理26空港の営業収益が前期比110%、2017年度収支を読み解く

国が管理する26空港全体の2017年度の営業収益は、前年度よりも97億円増えて5560億円、前期比110%となった。コンセッションを導入した空港の好調さも浮かび上がる。空港アナリストの北里仙太郎氏が解説する。(編集部)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close