logo_tf_s.png
大和エナジー・インフラの戦略(1)早期に1000億円規模

10月に発足する大和証券グループの大和エナジー・インフラ(東京都千代田区)は、早期に人員を40~50人に増強し、1000億円の事業規模を目指す。再生可能エネルギー発電施設への投資に加えて、コンセッション事業にも参入する計画だ。荒木秀輝社長と大原庸平取締役にインタビューした。(全2回)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close