logo_tf_s.png
やがてくる金利上昇(2)インフラ民営化はデフレ脱却を促す

国土交通省・内閣府の「官民連携推進協議会 東北地区プラットフォーム」座長や、財務省東北財務局「国有財産の有効活用に関する有識者懇談会」委員などを務める宮城大学の田邉信之教授は、「インフラの民営化はデフレ脱却を促す」と説く一方で、「行き過ぎたインフラ投資」の危険性も指摘する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close