logo_tf_s.png
米トランプ政権がPPP促す? インフラ投資の未来(3)

「今後10年間で1兆ドル(約110兆円)のインフラ投資」を掲げる米国のトランプ政権だが、実は、インフラの政府予算は大きく削る方針だ。一方で、規制緩和によって、地方政府や民間の資金がインフラの建設や運営に入りやすいよう後押ししている。この内容が2018年度の予算編成に反映されれば、米国のPPP(官民連携)は大きく加速する可能性がある。
(ロジャー大内=インフラ政策研究者)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close