logo_tf_s.png
インフラの運営は奥が深い、愛知道路コンセッションの1年(3)

愛知道路コンセッション株式会社(ARC)は、1年間で数十億円の仕事を発注する。包括委託や調達先変更など、コストダウンの工夫は数多い。同社の東山基社長は、「インフラの運営は奥が深い」と語る。インタビューの後編。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close