logo_tf_s.png
インフラ力を磨く(2)海外進出先国の規制に対処する方法

建設業、流通業、コンサルタント業といったサービス産業が海外に進出する場合、まずどうするか。一般的には、現地の市場規模やパートナー、クライアントの有無などを元に、進出する国や事業を決める。ここで忘れてはならないのが、制度面の障壁を知ることだ。それを知る方法の一つとして、政府間のサービス貿易交渉の活用法を紹介する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close