logo_tf_s.png
AECOM Japanが事業再構築、齋藤弘新代表に聞く

設計、建設、運営などの領域をカバーし、世界の150カ国以上で建設関連サービスを提供する米AECOM(エイコム)。売上高180億ドル(約2兆円)、従業員数8万7000人の巨大企業は、積極的なM&A(合併と買収)で勢力を伸ばしてきた。2017年9月、AECOM Japanの代表に前山形県知事の齋藤弘氏が就任。今後は、海外インフラ投資や、国内の都市開発、防衛の分野に事業を拡大していく計画だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close