logo_tf_s.png
地元かよそ者か、福岡空港コンセッション事業者選定の影響

インフラ投資ビジネスの関係者にとって、目下の最大の関心事は、5月に選定結果が出る福岡空港コンセッション事業の行方だ。地場連合が勝つか、地場以外の連合、いわゆるよそ者が勝つか。公平な審査が行われることが重要であることは言わずもがなだが、審査過程の透明性を高め、関係者に不明朗さを感じさせないことも肝心だ。そこを間違えると、これから出てくる空港以外のコンセッション事業への関心が薄らぐ恐れさえある。(北里 仙太郎=空港アナリスト)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close