logo_tf_s.png
【お知らせ】インフラ投資有識者会議
       –新しいビジネスのカタチを考える-
     「日本に民設民営、アリーナファンドは根付くのか?」


 全国各地でスタジアムやアリーナの整備が計画され、コンセッション方式の導入も検討されています。民間事業者にとって事業参入・資金調達の課題は「収益力の確保」です。これを克服するために、施設利用料にサービス購入料を加える「混合型」や、他の収益施設と組み合わせる「多目的化、複合化」などの手法が有力視されています。さらに一般的な公設民営だけでなく、民設民営への期待も高まっています。
 一方、資金調達の一手法として「スポーツ施設などのPPPプロジェクトに投資するファンド(アリーナファンド)」が注目を集めており、日本でも導入の可能性があると考えられています。日本の市場にふさわしいアリーナファンドが根付いていくための条件は何でしょうか?本イベントでは、この分野に詳しい三井住友トラスト基礎研究所:福島隆則氏、電通:高橋俊憲氏をお招きし、ご来場の皆さまと徹底討議いただく場をご用意します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●イベント開催概要
 名称:インフラ投資有識者会議 -新しいビジネスのカタチを考える-
     「日本に民設民営、アリーナファンドは根付くのか?」
 日時:2018年9月26日(水)  ※14:00~17:00 (13:30開場)
 場所:フクラシア丸の内(オアゾ)会議室D
     (東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 15F)
        ※丸の内オアゾ内直結の連絡扉で「丸の内北口ビル」へお入りください。
 主催:インフラビジネスJAPAN
 対象:民間企業、国・自治体・各種団体などに所属する、インフラ投資ビジネス
    に携わるプロフェッショナルの方(機関投資家、投資家、金融機関、ファ
    ンド運用会社、アセットマネジメント会社、不動産会社、建設会社、シン
    クタンク、建設コンサルタント会社、会計事務所、法律事務所、国・自治
    体 など
 定員:30名(事前登録制)
 受講料:有料 32,400円 (税込)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本イベントは盛況のうちに開催終了しました。

PAGE TOP

Close