logo_tf_s.png
スパークスが500億円の「稼働中」再エネファンド、利回り5%超で風力や地熱も

投資運用業務などを手がけるスパークス・グループ(東京都港区)は11月24日、子会社のスパークス・アセット・トラスト&マネジメントが、稼働中(ブラウンフィールド)の再生可能エネルギー施設に投資するファンドを組成して、11月29日から運用を始めると発表した。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close