logo_tf_s.png
【フォーラム4】官民連携で自立した都市経営を目指す、鈴木康友・浜松市長

都市部から中山間地域を包含し、第一次産業から第三次産業まで幅広い産業を有する浜松市は、国土縮図型都市と呼ばれる。10月18日に開催したフォーラムの基調講演で、鈴木康友・浜松市長は、自立した都市経営を目指すとともに、地方創生に向けた主要政策を通じた官民連携によるエネルギー政策などを推進し、日本の市区町村のモデルになりたいと語った。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close