小規模施設でもPPP導入検討、鳥取市

鳥取市は10月10日、「鳥取市公共施設整備等におけるPPP導入検討指針」を発表した。特徴は、PPPを導入する施設の事業費に基準を設けない点。小さな物置などを除き、基本的に市が保有する全建築物(建物)の整備や更新でPPPの導入を検討する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close