三菱地所が沖縄・下地島空港に旅客施設、アジア線誘致も

三菱地所は10月11日、沖縄県宮古島市の下地島(しもじじま)にある下地島空港の旅客ターミナルの工事に着手した。リゾート感を演出して、観光客を増やす計画だ。開業は2019年3月を予定。同社は、国際線・国内線の旅客機とプライベート機の誘致も進める。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close