インドネシア地熱発電の2号機稼働、出力220MWに

国際石油開発帝石、九州電力、伊藤忠商事などが各社の子会社を通じて共同出資する、インドネシア北スマトラ州サルーラ地区の地熱発電プロジェクトの2号機が、10月2日に商業運転を開始した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close