売上高150億円見込む、愛知道路コンセッションの1年(1)

8路線、72.5kmの有料道路の運営を、民間事業者に委託した愛知県のコンセッション事業。特別目的会社(SPC)の愛知道路コンセッション株式会社が運営を開始してから、10月1日で1年が経過した。民間運営になって何が変わったのか。現地を訪ねた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close