大津市のガス事業、コンセッション導入を答申

滋賀県大津市の「大津市ガス事業の在り方検討委員会」は10月6日、コンセッション方式を導入するのが最適との答申を出した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close