関西エアポートと「丁々発止のやり取り」したピーチ、北海道7空港フォーラム(5)

「HOKKAIDO空港運営戦略フォーラム」(9月9日)では、空港を利用する立場として、関西国際空港、那覇空港に続き、仙台空港も9月末に拠点化したLCC(格安航空会社)、ピーチ・アビエーションの森健明副社長が登壇。関空の民営化当初、関西エアポートと応酬を繰り広げたことなどを明かした。以下、発言を紹介する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close