清水建設が100人規模の「LCV事業本部」新設、インフラ運営など担う

清水建設は10月1日、インフラ運営、エネルギー運営、建物完成後の運営管理(BSP)の機能を集約した「LCV事業本部」を新設した。人員は約100人。空港・水力発電のPPP(官民連携)やコンセッション事業、再生可能エネルギー事業、低炭素型電力小売り事業、公共資産のマネジメント事業などを幅広く展開する計画だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close