コンセッションで資産をリサイクル、竹中平蔵・東洋大学教授(1)

民間事業者に公共施設の運営権を売却するコンセッション方式の導入は、どこまで進むのか。早い時期からコンセッションを推進し、政府の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)の議員として、さまざまな施策を提言している竹中平蔵・東洋大学教授に聞いた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close