総額198億円、西尾市PFI見直しの行方(1)

総額198億円。民間事業者1グループに最長30年にわたって業務を委託する「西尾市方式」と呼ばれるPFI事業が、契約後に見直しを迫られている。6月の市長選挙で、事業の凍結を公約に掲げた候補が勝ち、新市長に就任したからだ。巨大PFI事業はどうなるのか。(全4回)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
ご登録のうえログインしてください。

インフラビジネスJAPANをご利用いただくためには、会員登録(無料)が必要です。上記の会員登録ボタンをクリックして会員登録を完了させてください。すでに登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close