logo_tf_s.png
IATAが空港民営化に警鐘、日本市場への影響は?

IATA(国際航空運送協会)のアレクサンドル・ド・ジュニアック事務総長は、オーストラリアのシドニーで6月5日まで開かれた年次総会で、空港の民営化に慎重になるよう促した。総会では、政府に対して長期的な社会便益を重視することを求める決議を採択した。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close