logo_tf_s.png
中部電力と北海道電力が水力発電所計画、再エネ推進

電力会社による水力発電所の建設計画が相次いでいる。中部電力は3月2日、長野県で「黒川平水力発電所」を建設すると発表。北海道電力は3月6日、既に建設計画を発表済みの「新得発電所」について、重要電源促進地点に指定されたことと、着工・営業運転開始時期の遅れを発表した。各社は、水力発電を含めた再生可能エネルギーの導入拡大を進めている。

新着記事

PAGE TOP

Close