logo_tf_s.png
日本初の下水道管渠コンセッション、高知県須崎市

高知県須崎市は2月16日、下水道施設の運営の民間委託について実施方針を公表した。事業開始は2019年4月。施設によって事業方式が異なり、下水道管渠 (汚水)はコンセッション方式、終末処理場は2023年度末まで包括民間委託で、24年度からコンセッション方式とする。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close