logo_tf_s.png
ソフトバンクとパシコンがインフラ領域で提携、災害防止や混雑回避の手法開発へ

ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ(パシコン)は12月14日、災害防止や交通渋滞解消、混雑回避など、公共インフラに関連した課題の解決に向けて業務提携すると発表した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close