logo_tf_s.png
400億円規模のデータセンターファンド、DREAMがAM受託

ダイアモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM)はこのほど、データセンターファンドのアセットマネジメント(AM)業務を受託したと発表した。DREAMは、国内外の機関投資家向けに不動産私募ファンドや私募REIT(不動産投資信託)を運用する、三菱商事の子会社だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close