logo_tf_s.png
市原バイオマス発電に協調融資178億円、DBJなど7行

日本政策投資銀行(DBJ)は12月8日、千葉銀行と共同で、市原バイオマス発電(千葉市)に対するプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。DBJが幹事、千葉銀行が副幹事を務める。シンジケート(協調融資)団は2行のほか地方銀行5行で構成している。融資総額は約178億円。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close