logo_tf_s.png
堺市湾岸の市有地活用事業が始動、ホテルなど総事業費137億円

堺市とアゴーラ・ホスピタリティー・グループは2017年12月7日、大浜北町市有地活用事業の基本協定書を締結した。堺旧港沿いの市有地にホテルや商業施設、公共施設などを一体的に整備する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close