logo_tf_s.png
将来は空港にも投資したい、スパークス

稼働中(ブラウンフィールド)の再生可能エネルギー施設に投資する「ブラウンファンド」を組成して、11月29日に運用を始める予定のスパークス・グループ。同社の阿部修平CEO、スパークス・グリーンエナジー&テクノロジーの谷脇栄秀社長、スパークス・アセット・トラスト&マネジメントの志村隼人取締役が11月24日に会見して、再エネ以外にも投資する意向などを語った。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close